土地の評価はこうやって決まる

土地の財産評価の方法には、大きく分けて路線価方式と倍率方式の2種類があります。

 
路線価方式は、路線価をもとに評価を行う方式です。土地が接している路線において定められている路線価をベースとし、土地の現況に応じて奥行価格補正や崖地補正、側方路線影響加算補正、二方路線影響加算補正などといった補正を加えて評価額を算定します。この方法による評価額は、路線価に補正率を乗じた後に、土地の面積を乗じて算出します。

お金05
一方、倍率方式では、その土地の固定資産税評価額に、土地の用途などに応じて定められた評価倍率を乗じた額が評価額となります。路線価が定められていない地域では、路線価方式による評価ができないので、代わりにこの方式を用いて計算します。計算するには、固定資産税評価証明書や固定資産税課税明細書といった、土地の固定資産税評価額が書かれている書類が必要となります。

 
土地の財産評価は1画地を評価単位として評価しますが、この評価単位の区分のしかたによって評価額が大きく変わってきます。例えば、土地全てを自分で使用している場合は用途に関係なく土地全体を1画地として評価しますが、一部を自分で居住用に使用して残りを貸家の敷地としている場合は、居住用敷地と貸家の敷地を別々に1画地として評価します。区分が変わると評価に使用する指標も変わるので、評価額も当然変わります。財産評価は税金の支払いなどにも関わる重要な作業であるため、評価単位は正確に区分する必要があります。

コメントは受け付けていません。