申告と納税の期限とは

相続税の申告は、被相続人つまり亡くなった人が死亡した事を知った日の翌日から10ヶ月以内に行うことになっています。
この申告は被相続人が亡くなった時の住所を管轄する税務署へ行います。
相続人の住所の管轄税務署ではないので注意しましょう。
相続人が複数人いる場合、相続人全員で一つの申告書を提出する共同申告をすることで何枚も申告書を作成する手間を省くことができます。
もちろん揉め事などがあって共同申告をしたくない場合は各自で提出することができますが、申告内容に食い違いがないか税務署内で確認されることになりますし、場合によっては調査が入ることもあります。お金07
相続税の法定納期限も申告と同じく被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月です。
期間内に申告を行っていても納付まで済ませていない場合は利息にあたる延滞税がかかる可能性があります。
申告をしたらすぐに納付してしまうのがよいでしょう。
相続税の納税は税務署だけでなく、全国の金融機関や郵便局の窓口でも行うことができます。
また、相続財産に不動産などが多く、法定納期限内に現金一括納税をすることが難しい場合は、一定の条件を満たせば分割して支払う延納が認められる場合もあります。

コメントは受け付けていません。