税を一度に収められない場合

遺産相続と言うのは突然に起こることが多いため、遺産の内容によっては相続税を納められないということも起こり得ます。相続税は被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内に現金で一括納付しなければなりません。

そこで、一時に納付することが困難な場合には一定の手続と条件のもと年賦延納が認められています。ただし、年3.6~6.0%の利子税を支払う必要があり、また延納期間は原則として5年~20年になります。なお、期間や利子税については、相続財産に含まれている物や担保として提供する物によって設定されます。

そして、延納の条件としては、「相続税の納税額が10万円を超えている」、「相続税の納税額が50万円以上または分割期間が4年以上で担保を提供できる」、「申請書を相続税の納税期限までに税務署に提出した」があります。延納は分割で納付できるため便利ではありますが、長期間の利子税のことを考えると、金融機関から借入をして一時に納付した方が利率の点で得ということもあります。

物納は現金で所得税を納付できないことと、且つ延納もできない時に利用されるもので、有価証券や不動産などの物で納める方法のことです。物納には以下のものがあり、上位順位の物から納めることが許されます。
第一順位・国債、地方債、第二順位・不動産、船舶、第三順位・社債、株式、第四順位・動産

 

コメントは受け付けていません。