相続財産の売却と取得費の特例

日本に資産家は、土地や建物、会社の株などの資産がほとんどで現金が少ないということが多いです。

 
被相続人が亡くなると、相続が開始されますが、10ヶ月以内に相続税を支払わなくてはならないので、土地などの資産を売却しないと、相続税を払うことができないご家庭が多くなっています。

 
相続税は、現金で納めなくてはならないので、お金の工面に困られている遺族の方が多くなっています。

 
一定期間以内に土地や建物を売却すると、相続税の支払い金額よりも高く売却できる場合がありますが、不動産の譲渡に伴って不動産業者に仲介手数料などの経費を支払う必要があるので、一定額の譲渡取得税が発生します。

お金10
相続税の納付期間から、3年以内に土地や建物などの不動産を売却した場合は、譲渡取得税の負担を減らすことができます。

 
相続に関する悩みを持たれている方は、信頼できる弁護士などに相談をしてアドバイスを受けておくことが大切です。

 
相続が開始されると、一定期間内に相続税を支払う必要がありますが、相続税を支払っても残りの資産で生活をしていける場合はあまり問題はありません。

 
相続税対策をきちんとしておく必要があるので、両親が生前の時から資産や負債がどれぐらいあるか確認しておくことが大事です。

コメントは受け付けていません。