財産をもめないで分ける方法

被相続人が死去して、遺産相続になった時遺産が分割出来る物であれば、分割して相続人同士で分け合えばいいけど、分割して分け与えられない場合は、代償分割で遺産を分け合うことになります。この時の分割割合は相続人達の取得割合で決められることになります。

 

 

ただ代償金の支払い方が問題でして、自己資金ですべて払えるなら、一括払いで払えますが、自己資金で賄えない場合は分割払いにしてもらうか、ローンを組んで銀行から借りて一括で払うかのどちらかになります。そのどちらも駄目でしたら、相続財産を第三者に売却して相続人同士で分け合うことになります。お金04

 

 

しかし相続財産を被相続人のままで売却はでいないので、一旦相続人の誰かの名義にしなければなりません。そして税金の問題も有りますから、こういう場合は税理士に相談をする必要が有ります。

 

 

財産をもめないで分ける方法として、代償分割は有益な方法ですが、取得割合でうまく財産を分けないと、代償金の払いで問題が複雑になりますから、分割方法を公正証書に記すなどして、双方が納得できるような方法で代償分割をして、相続財産を分け合わないと、財産をもめないで分けることが出来なくなりますから、気を付ける必要が有ります。